初心者入門講座 シーバス編

このページではSWルアーのメインターゲットである                               シーバスの基本的な釣り方について説明しています                               まず、シーバスを狙うにあたって必要になってくるタックルの説明です                    必要最低限のタックルは・・・                                              ・Rod・・・8ft〜9ftのL〜Mのロッド(初心者はMLがベスト)                                 ・Reel・・・DAIWA2500番orSHIMANO C3000番クラス                              ・Line・・・ナイロン12lb(3号)orPE1号+フロロ20lb(5号)                              とりあえずはこれだけのタックルにお好きなルアーをあわせればいいでしょうw                また、あわせるルアーの一例としては・・・                                          ・90mm前後のミノー・・・シーバスをやるうえでは絶対揃えたい!                                                ・70mm前後のバイブレーション・・・広いフィールドを手早く探るために                                           ・20g程のブレードベイト・・・なにを投げればいいか迷ったらとりあえずこれを投げればOK                                                とまぁ、これらを5つほどもってればひとまず釣りは出来ます                         後はこれらをベースにそのフィールドのベイトや水質によってルアーを買い揃えていけばいいですw 

ポイントとカラーセレクト

初心者のみならずアングラーが一番悩むのがポイントとルアーのカラーセレクトです          いくらシーバスがどこにでもいるからといって                                   むやみにどこでも投げれば言い訳ではないんです                               また、カラーについても1つのカラーばかり使っていても良い釣果は出ずらいです・・・           そこで、必ずおさえておきたいポイントセレクトとカラーセレクトをここにまとめてきます                                                    上から・・・ハイドシャロー120F/コモモU110F/TunedK-TEN/モルモ80/オネスティ90S

まずはポイントセレクトからです                                           そもそもシーバスはその生息域により2つの種類に分かれます                              ・回遊性・・・海などの広いフィールドで見られる 場所によっては何キロと回遊する個体もいる                                                          ・居付性・・・川や止水域などの狭いフィールドで見られる 太っていてサイズの割りに引く    この種類によってもポイントセレクトは大きく違ってきます                           まず、回遊性の動き回るシーバスについては目の前の潮目(水の状態が変わっている場所)や   堤防の先端などの潮通しがいい場所が主なポイントになります                            このタイプのシーバスはとりあえず遠投すればぽつぽつと釣れたりもします                しかし、居付性のシーバスはポイントのセレクトにより釣果に大きな差が出たりします          このタイプのシーバスのポイントは沢山ありますが例えば・・・                          ・橋桁の下流側の流れがえぐれている部分                                     ・岸際の影が落ちている部分/シェードエリア                                    ・シャローからのカケアガリ/スロープ                                         これらが挙げられますね                                               居付性のシーバスは一点で流れてくるベイトを待ち構えているので                     流れとベイトの濃さがリンクする場所が一級ポイントになります                        

次にカラーセレクトです                                                シーバスを狙うにあたってもう一つ気にしたいのがルアーのカラーです                   魚はあまり色を認識できないといいますが大雑把な色分けくらいは判別できるようです         例えば赤と白ならその色のコントラストの強弱で判別できるようです                     まずは是非持っておきたいカラーを紹介します                                  このポイントはこのカラーが絶対!・・・というのはありませんが                       様々なフィールドに行くのであれば持っているべきカラーは                            ・レッドヘッド・・・ソルトルアーの定番カラー 昼夜を問わず投げれるパイロットカラー            ・アカキン・・・デイゲームでのアピール力はNo,1 デイならまずは投げるカラー               ・コットンキャンディー・・・チャートバックに赤などの斑点が入ったもの                     ・イワシ/アジ・・・海にいくなら持っておきたいカラー ベイトにあわせたカラーセレクト           と、これくらいがベターなカラーですね                                       あとはベイトにあわせる(川ならボラやサヨリ、海ではイワシのほかにシラスやコイカなど)のが     安定した釣果をあげるコツです                                            また、その土地によっては地元に根付いた「地元カラー」なるものもあります                例えば、自分のホームグラウンドである大野川はアカキンが地元カラーになっています         知らない土地に行ったとき、カラーセレクトに悩んだら                              まずは地元のショップに行って釣れスジカラーを聞くのも手ですね     

ページトップへ

Copyright (C) NaturalTmpl009 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system